FC2ブログ

G.W. 瀬戸内海 大津島と、呉、倉橋島 江田島

G.W.も5日目、上関の朝 0715時



瀬戸内の海水を汲み、コメを洗い、羽釜で炊き上げます。

キレイな瀬戸内の海でしかできない貴重な体験だ。
東京湾ではたぶんできないと・・・いや、したくないと思う。(笑)



そして出航・・・

今日の目的地は、大津島



1130時、無事に接岸


徳山港からフェリーも大津島へ来ています。

このフェリーに昨日別れたKさんが乗ってきて、また合流します。

この大津島、回天の島として有名。



島猫がお出迎えしてくれました。



なぜか人懐っこい・・・



炊き上がった米でカレーです。海水で洗ったお米、少し海の香りがする。



そこへ・・・



2年前の湯けむりレースでご一緒させていただいたNさんがフィッシング仕様のボートで登場です。



今日の釣果は・・・アジとメバルと、未確認生物・・・

この未確認生物って、もしかしてアレですかねぇ、アレ!


まずはアジ、Nさんが手慣れた手つきでさばいていきます。



うーん 釣りたての魚って、新鮮過ぎてとっても旨いわぁ~



未確認生物・・・



Nさんに作っていただいてる間に、ちょっと散歩してきましょう。



少し歩くと「島食堂ひなた」というお店もありました。



行く先は・・・

回天の訓練基地跡。









床にある2本のコンクリート補修跡は、回天を運ぶトロッコのレールが通っていたそうです。





































サビたボラードが悲しげに・・・何とも言えません・・・






さて、30分ほどしてヨットに帰ってきたら未確認生物を食べたNさんが大丈夫だった!?ので、私たちもいただきます。(おい!!)


歯ごたえもあ味もあり、とってもおいしゅうございました。

Nさん、わざわざ釣ってから寄っていただきありがとうございました、ごちそうさまでしたー。

今年の湯煙レースでまたお会いしましょう!

では、大津島を出港し、徳山へ戻ります。


徳山のフェリーターミナルへ行く道に、回天のレプリカがありましたよ。























こういうトロッコで運んでいたようです。



瀬戸内のヨット乗り旅行最終日、ヨットオーナーのAさんに車でホテルまで送っていただきます。
Aさん、今日までG.W.中、お世話になりました。
今年の大分湯けむりレース、またお世話になると思いますがよろしくお願いいたします。


夜は、ここでHさんと〆ました。

「天然 徳山ふく」って・・・何?



さて、翌日・・・帰京の日、
レンタカーを借り、陸路で徳山から呉の先にある倉橋島を目指します。

呉の軍港が見えました。


呉の先にあったお好み焼き屋さん「八木」で昼飯

素朴な味わいの広島焼でしたよ。ソースがすごく甘いのね。

1300時、倉橋島の田原地区にある専教寺さんへ


1週間くらい前、5月7日にお伺いする約束を電話でしていたのであった。



神戸の叔母の話だと、こちらのお寺に3代前のご先祖さん、「砂古入平」の墓があるというので訪問して確かめようかと・・・

現在の私の苗字は「○○」ですが、「砂古」という苗字がご先祖様だそうです。

時は江戸時代末期・・・
広島の呉、その先にある倉橋島が舞台のお話。当時の倉橋島に女方の4代前のご先祖様の別荘があったそうだ。して、男方のご先祖「砂古入平」は呉にある廻船問屋にいたんだそうな。
そして何のきっかけか、あるいは運命のいたずらか・・・入平は10代の武家の娘「霜平きぬ」と互いに恋に落ちる。しかし時代が時代。町人は武家とは結婚できぬ、まさに実らぬ禁断の恋・・・
そこで一計を案じた入平は、追手を振り切るためか、あるいは死んだと思わせるためなのか、嵐が近づいたときを見計らい、きぬと共に船で神戸へと駆け落ちした。
駆け落ちした神戸で○○という子供のいない家庭の養子となったそうな・・・
 


という流れが、過去にあったということを知り、


専教寺さんのご住職とお会いしてお話を伺ったところ・・・砂古入平の墓は結局のところなかったのであった。

というか、お寺の墓地は最近になって作ったが、
それまでは各ご家庭が自分の敷地内に自家墓を作っていたそうだ。


過去帳を紐解いて調べてもいただいたが、砂古という苗字はここらへんに確かにあって、
今もこの地域に6件ほどあるそうだ。


入平の両親の名前(4代前)がわかれば、もしかしたら見つかるかもしれない・・・とのこと。


寺の門の前に日露戦争 支那事変 大東亜戦争の慰霊碑があったので見てみると・・・


確かに、砂古という苗字のかたも5人、名前が刻まれておりました。








さて、時間が余ったので、本来なら大和ミュージアムか、てつのくじら館へ行く予定だったが、なんと火曜が定休日!!なのでやってない。

ならばと、この先の江田島(えたじま)へ移動。
海上自衛隊第1術科学校(旧海軍兵学校跡地)の見学へ参加してきた。



1500時の見学会、17名参加。


ボラードの並び方が美しい




戦艦大和の砲弾とか・・・




特殊潜航艇とか・・・








最後に江田島クラブのお土産売店で海上自衛隊の刺繍ワッペンを購入。

ちなみに海上自衛隊の艦長帽や制服、一般人には売ってくれないそーです、当たり前か。
帽子は3万くらいしましたぞ。




干潮時間なので、牡蠣が干上がってました。


こういう景色をご先祖さんは見ていたのだろうかと感慨にふけりながら・・・

広島空港までひた走る。






倉橋島 田原バス停付近


この上に専教寺さんがあった。


そしてG.W.6日間の旅、広島からANAに乗って無事に帰京しましたとさ。



こんにゃくパークって、いったい・・・

新潟出張の帰り道・・・

関越道、群馬県の前橋ICを下りてこんにゃくパークへ行ってみた。


群馬県はコンニャクイモの産地で、90%が群馬産だそーです。(へぇ~)




で、まずはお決まりの工場見学・・・



平日16時ごろなので、あまり人がいない・・・

製造ラインが動いていました。(休日は止まってるらしい・・・)










工場見学の後は・・・

無料バイキング!



こんにゃく料理が無料で試食できちゃうんですね。
なんという太っ腹なんでしょう。


                       こんにゃくラーメン     味噌田楽

   イチゴこんにゃくゼリー     こんにゃく焼きそば   こんにゃくのタコウインナーなどなど・・・

ほとんどカロリーゼロが主体のコンニャク料理なので、ヘルシーなのかな。
炭水化物の摂取を制限されたい方や、体重マシマシの方には良いのかと・・・


タコウインナー、普通のウインナーのように歯ごたえがあって意外にも旨かった。


そして、気になるこんにゃくラーメンのお味は?

コンニャクだっていわれなければ、少し滑らかすぎる麺だなぁ・・・と、感じはするが、
普通に違和感なく・・・のど越し滑らかで、あれっ!って感触ですかねぇ・・・
(食レポになってないってか)
ソーメンもあったけど、そっちの方がより違和感ないかと・・・今回は食べてないのでわかりませんが。


これが噂の、こんにゃくラーメンの製造機か?

シャワーのように、黄色いこんにゃくが ヌル―っと止めどなく流れていく・・・

お土産コーナーにて・・・カスタードプリンBIGとかこんにゃくゼリーとか、

はちみつ入りコンニャクカステラとか・・・
1kgも入ってて100円の白滝とか・・・

結局、2千円以上もコンニャク製品を買って、しまったー?

・・・






ズシっとくるほど、すげー重いんだけど・・・こんにゃくって。

クルマだから大丈夫か。

タピオカみたいなツブツブはありますかって売り場のおねーさんに聞いたけど、ないってさ。
作れば売れるかも?




そして、下道を8kmくらい走り、叔父(90)の家にコンニャク持って2年ぶりくらいにご機嫌伺い兼ねてたずねたら・・・
いまだに元気満開であった。
昔からここだけ時間が経過してないというか・・・100歳以上は絶対余裕っていうか・・・
いまだに軽トラ乗って山に鹿や猪を獲りに行くっていうマタギ生活してるからたまげるねー(注:群馬弁の「たまげる」=驚くの意)

そこでは猟犬やウズラを多数飼っていて・・・

卵 持ってけ!

って、10パックも。

ウグイス色の卵も入ってるんですが、これってほんとにウズラのタマゴなんでしょか? まさか鶯のタマゴが混じってるとか・・・
って尋ねたら、白いウズラが生むんだそうですら。(へぇ~)


わずかばかりのコンニャクと引き換えに・・・ウズラのタマゴ


しばらくはコンニャクとウズラ卵で楽しめるか。

さて、ウズラ卵、どうしようか・・・?

G.W. 瀬戸内海 山口沖で遊ぶ

今回は5月2日から7日まで山口県沖の瀬戸内海へ遠征してきました。

5月2日、飛行機で岩国まで飛び・・・お友達のヨットへ、あーらヨット!



5月3日の朝8時出航・・・

今回の乗組員はこのヨットのオーナーAさんと、一昨年の大分ゆけむりレースで知り合いにならせていただいたKさんと、東京からHさんとみっちゃんぽんの4名。



天気はピーカン、風弱し・・・



38feetもあるとさすがに余裕です。

いきなり焼くと後が大変なので長袖で出航。交代で帆走です。

凪状態で、瀬戸内海はまるで湖のよう・・・東京湾とはえらい違いです。

機帆走で進みます。

今日の目的地は大分県の姫島。



5時間半後の13時半に姫島入港






フェリー  第二姫島丸


フェリーターミナルで姫島名産の「さかな味噌」なんぞを購入し・・・

港の前には電気自動車のレンタルもありましたが・・・



村内無料循環バスがありますんで・・・


こちらへ乗せていただきました。



で、姫島の拍子水温泉に到着。



こちらで温泉に入り・・・って、310円で貸タオル付って、メチャクチャ安いよねぇ。

マッサージ機2台も無料って、ますますスゴイいことです。




少し狭いですが、いいお湯でした。

隣で湧出してる源泉です。





夕飯は、姫乃家さんに伺いました。

ソイ焼き


姫島はクルマエビの養殖が盛んということで、当然ながら・・・

さしみに・・・



フライに・・・



塩焼きにと・・・

クルマエビを十二分に堪能し、

少し甘いひじきごはんで〆となります。

こちらにもクルマエビが入ってました。

まだ夜の8時ごろですが船に引き上げ・・・


焼酎なんぞいただきながら・・・
21時ごろには・・・ついに陥落・・・

港の夜は、とてもとても早いのでありました。


そして翌日6時。


出港準備して0720出航。


タブレットの電源がなくなってきたので帆走中に充電もしようかと・・・

でもヨットゆえ、ヒールしたついでに海中転落はシャレにもならんので撤収。

今日の目的地は屋代島


朝の8時ですが、みっちゃんぽん いきまーす!

もー サイコーだぜー
と心の中で雄たけびをあげます。


風が追手なのでジェネカーをあげて・・・
およそ1年ぶりくらいにバウマン補助を務めさせていただきました。


機帆走、5~6ノット程度で順風満帆状態。










事前予想の1530時、定刻で屋代島 橘グリーンパーク入港



いわゆる「海の駅」です。


着岸後、今日も温泉~


竜崎温泉 潮風の湯

しかーし、肌が日焼けしてて痛くて湯船に入れん・・・
仕方ないのでサウナに入ったが、日焼けした皮膚からは汗が出ないという珍現象。
焼けた肌は汗腺が壊れてる?

ここのお食事処で地魚の刺身盛り


マグロはさすがに地魚じゃないでしょうけど、タイやハマチ、蛸、サザエはコリコリとした食感と味が濃厚で、じつに美味しかった。

とてもおいしゅうございました。


島に1台しかないと言われてるタクシーで温泉まで往復し・・・(片道約900円)


昨日よりもさらに早く17時ごろにはすでに出来上がってしまってます。

20時には「マグロ」になり、その時点から朝までの記憶がありません・・・

夜中にバウハッチから外に出てトイレ・・・という記憶がわずかに残ってるんですが、そのまま海中にドボンしたら一巻の終わりだったのかもしれませんねー(笑)





そして翌日の5日0600時


0715出航、今日はダッ〇ュ島へ向かいます。



おおー見えてきましたよダッ〇ュ島。








これ以上近づくと、24時間365日監視してる4隻くらいいる警戒船に追い払われるということで、このまま島を1周して・・・

しかしねぇ・・・警戒船の運営費用だけでもエライことですよ。



双眼鏡にカメラを押し付けて撮影してみたら・・・

島が見えるぞー!

って、ノリですかねぇ・・・





舟屋もみえます。




何か?山のほうから下に4本ほどワイヤーが伸びていました。

未来予想図にケーブルカーがあるので、そのライン?




右手から海保が来たりして・・・追い払わせるかと思ったけどそうでもなく・・・


ダッ〇ュ島を後にします。


そして今日の目的地は・・・



長島の本州側にある道の駅 上関海峡(かみのせきかいきょう)です。


1740着岸

この時点でKさんが下船して他の船に行ってしまわれたので、3名でこのあと航海します。



道の駅の売店で買い物。



セットよし!


室津のてんぷら


そして地元サザエに醤油を少し垂らして・・・


サザエをホフホフと頂き、こりゃーまさに、ビールによく合います。

プリプリウマウマです~

で、今日もまた温泉三昧・・・鳩子の湯でこどもの日が終わりました。



つづく・・・


台湾行き Vol,5 台北から帰国


毎日毎日 朝っぱらから中国料理です。

さすがに5日目なので飽きてしまいました。

こういうフルーツ系統は日本にないのでかなり行けます。



さて、バスへ乗り込み今日も観光2件消化します。



しかし、バスのナンバープレートはこんなのでよいのでしょうかね?

ペンキで書いただけのような気が・・・

1件目、忠烈祠の「衛兵さんの交代式」です。



イケメン男子がゆっくりと登場し・・・



15分くらいかけて行進します。











行進した隊列が歩くところが跡になってます。



微動だにしない衛兵さん。。。



たまに瞬きはしてますが、直立不動ではあります。

こんなに目を大きく見開いてては・・・ドライアイにならないかちょっと心配です。

2件目、故宮博物院へ。



象牙でできた彫り物や・・・







仏像















そして磁器











昔の美人像・・・

時代変われば求めているものは変わるっていうことの典型例か?

お昼になり、飲茶に行きます。



本格中華には飽きてきてましたが、飲茶は別腹のようです。







小籠包など美味しくいただきました。



で、桃園空港までバス移動



円山大飯店、こういうところにも泊まってみたい。



帰りもビール飲んだくれて映画見てたら4時間くらいで羽田へついてしまい・・・


3月16日、移動距離ちょい長めの、台湾一周春休み旅行完遂です。



これは甘すぎる・・・メロメロパン?


***の、*****・ボンってお店でメロンパンを買った・・・

この際、どこの何っていうお店のだっていうのは大きな問題ではございません。

だって・・・

甘い!!甘すぎる!!
この世のものとは思えないほど甘いメロンパン

歯がしみるほど・・・初体験


このメロンパン、サクッ サクッと、パンというよりも、全体がクッキーのよう。

しかも中身にメープルシロップが入ってるので、かじった際、甘さをはなはだしく再加速させる。

全てが極めて甘いメロンパンなんて・・・・これはメロメロパン?

砂糖なしの苦いコーヒーが良く似合います。







で、
連想ゲームよろしく、コーヒーの種を買ってみた。

コナコーヒーの種

これを育てて収穫すれば・・・


へっへっへ


わざわざハワイに行かなくてもいいってことになる?

ならんか。